東京ガス、賃貸マンション共用部・EV充電に再エネ100%電気

  • 印刷
  • 共有
(出所:東京ガス)
(出所:東京ガス)

東京ガス(東京都港区)は1月19日、東京ガス不動産(同)の都市型賃貸マンション「ラティエラ」シリーズとして新たに4棟計611戸を竣工したと発表した。共用部の電力には東京ガスの提供する実質再エネ100%の電気を利用しCO2排出量実質ゼロを実現する。

また「ラティエラ武蔵小杉」(神奈川県川崎市)、「ラティエラ横濱鶴見」(同・横浜市)、「ラティエラ横濱大通り公園」(同)に設置する電気自動車(EV)充電設備の電力も実質再エネ100%電気とすることで、入居者が利用するEVのCO2排出量の実質ゼロを実現する。さらに「ラティエラ武蔵小杉」、「ラティエラ横濱鶴見」では、東京ガスのEV充電サービス「EVrest」を導入することでアプリ活用による利便性向上を図る。なお「ラティエラ横濱鶴見」は、IHI扶桑エンジニアリング製機械式駐車装置へのEVrest導入第1号物件となる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報