新宿に移動式水素ステーション開設 エネオス・ニモヒスが運営

  • 印刷
  • 共有
移動式水素ステーション(出所:ENEOS)
移動式水素ステーション(出所:ENEOS)

東京都は10月20日、新宿区の都有地に移動式水素ステーションを開所すると発表した。10月31日(月曜日)から、10時30分~12時00分の時間帯に、月・水・木曜日はENEOSが、火・金曜日は日本移動式水素ステーションサービス(ニモヒス)が運営する。

東京都は水素需要の拡大に向けて水素ステーションの整備を支援している。今回、都有地(東京都新宿区西新宿4丁目220-6、敷地面積1,237.55m2)に移動式水素ステーションを運営する「運営サイト」を設置し、公募2事業者を選定した。移動式水素ステーションとは、燃料電池自動車に水素を充てんするための設備一式を大型トレーラーの荷台に積みこんだもの。トレーラー全長約12m(25トン車)。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報