GX実行会議 カーボンプライシング導入の方向性示す

  • 印刷
  • 共有
(出所:首相官邸)
(出所:首相官邸)

政府は10月26日、第3回「GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議」を開催し、カーボンプライシング(CP)の導入に向けた方向性を示した。

CP導入へ 基本案で4つの方向性示す

CP導入に際しては、経済や企業活動に考慮して段階的に引き上げるとしたほか、将来の財源の裏付けを持った「GX経済移行債」を発行して先行投資支援を行うなどとした。

岸田 文雄首相は「価格の不安定性や産業・雇用の混乱などの課題を克服し、経済・社会の安定的かつ力強い変容をもたらす成長志向型カーボンプライシングの具体的な制度案を次回会議で提示してほしい」と述べ、以下の4つを踏まえるよう指示した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報