三菱重工、タイ電力公社の脱炭素支援 クリーン燃料発電・CCUSなど

  • 印刷
  • 共有
調印式の様子(出所:三菱重工)
調印式の様子(出所:三菱重工)

三菱重工業(東京都千代田区)は11月24日、タイ最大の発電事業者であるタイ電力公社(EGAT)との間で、クリーン燃料発電、クリーン水素、CCUS技術に関する調査と情報交換を行う覚書(MOU)に調印したと発表した。

今後3年間にわたり、特定分野に関する経験・情報などを交換するほか、クリーン発電の推進に関する経験と技術ノウハウを共有するための相互人材派遣を実施する。これらの取り組みを通して、2050年までのカーボンニュートラル達成を掲げるタイの国家目標を支援する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報