日本郵船、中国・完成車ターミナルを再エネ化 太陽光+風力発電で

  • 印刷
  • 共有
完成車ターミナル内に設置された太陽光発電パネル(出所:日本郵船)
完成車ターミナル内に設置された太陽光発電パネル(出所:日本郵船)

日本郵船(東京都千代田区)は1月18日、関連会社が運営する中国・天津港の完成車ターミナルで風力発電設備の2基の稼働を開始したと発表した。2022年3月から稼働している太陽光発電と合わせ、同ターミナルが必要とする全電力を賄うことが可能となった。これに伴い、第三者認証機関の中国船級社からカーボンニュートラル評価証明書を受領した。

太陽光発電設備は屋根付き駐車場の上部に設置。発電量は約175万kwh/年で、CO2排出量換算で約1,400トン/年を削減する。また風力発電設備はターミナル敷地内に2基を設置。発電量は約2,300万kwh/年、CO2排出量換算で約23,000トン/年を削減する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報