デジタル技術活用の資源循環ビジネス、効果の見える化支援 最大500万円

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

環境省は10月31日、デジタル技術を活用した資源循環ビジネスモデルの脱炭素と資源循環等の効果を実証する事業の再募集を開始した。中古バッテリーのカスケード利用(段階的な再使用)や、AIを活用した故障予知による製品寿命の延長などを想定している。応募期間は11月16日(水)12:00(必着)まで。

同事業の参加者は、自社が展開している/展開しようとしている資源循環ビジネスモデルについて、同モデルによる脱炭素と資源循環の効果を推計するために必要な情報・データを環境省と事務局に提供する。このデータをもとに、事務局が、モデルによる効果を推計し、その内容を公表するための資料を作成する。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報