アスエネ、シンガポールでCO2可視化サービスを開始

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

気候テックのアスエネ(東京都港区)は11月9日、シンガポールに海外現地法人「Asuzero Singapore」を設立し、同国でCO2排出量見える化・削減・報告クラウドサービス「アスゼロ」や脱炭素のワンストップサービスの提供を、本格的に開始すると発表した。

シンガポールに拠点を置く企業はアジア太平洋地域(APAC)全体を統括していることが多く、ビジネス活動のハブとなっている。同社は同国からCO2見える化・削減の取り組みを推進することで、アジア全体の脱炭素化を担う存在となることを目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報