三菱総研とみん電、+αの再エネ「付加価値」明確化へ

  • 印刷
  • 共有
実証研究で明らかにするポイント(出所:三菱総研)
実証研究で明らかにするポイント(出所:三菱総研)

三菱総合研究所(MRI/東京都千代田区)は7月4日、UPDATER(東京都世田谷区)の再エネ事業「みんな電力」と、企業や個人による再生可能エネルギー由来の電力調達に対する意識や志向性に関する実証研究を6月20日から開始したと発表した。

アンケート調査とヒアリング調査を通じ、再エネ電力が持つ環境価値を超えた付加価値の明確化し、再エネ導入の加速に貢献することを目指す。

「どの程度の追加的なコスト負担が可能か」も調査

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報