IBMサステナアクセラレーター、宮古島市など5件を選定

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

IBM(米・ニューヨーク)は現地時間の11月10日、エジプトで開催中のCOP27(国連気候変動枠組条約第27回締約国会議)において、同社が全世界で展開する社会貢献プログラム「IBMサステナビリティー・アクセラレーター」で支援する5件の新プロジェクトを発表した。日本からは宮古島市のプロジェクトが選定された。

同プログラムはハイブリッドクラウドやAIといった同社のテクノロジー、専門家によるエコシステムを活用して、気候変動などの課題に直面し影響を受けている人々のために活動するプロジェクトの強化・拡大を目指すもの。同社は プログラムに参加する団体や政府組織を毎年5つ選び、2023年末までに3,000万ドル相当のサービス提供を行う計画だ。

宮古島市、国連開発計画など5件を選定

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報