15MW級風車ブレード点検、完全自動化にめど 東芝ESSが技術開発完了

  • 印刷
  • 共有
自動点検時の様子(出所:東芝エネルギーシステムズ)
自動点検時の様子(出所:東芝エネルギーシステムズ)

東芝エネルギーシステムズ(東芝ESS/神奈川県川崎市)は11月29日、「僧都ウィンドシステム(愛媛県南宇和郡)」で実証試験を実施し、ドローンによる15MW級風車ブレードの完全自動点検に必要な技術評価が完了したと発表した。完全自動点検は2024年2月までに完了させるとしている。

スタート地点への自動移動を実現

ドローンによる完全自動点検とは、点検用ドローンが飛行しながら、風車位置からナセルの向きやブレードの静止位置を自ら検出するとともに、波や風で揺れる風車ブレードを自動追従し、点検用の画像を撮影するというもの。同実証では、完全自動点検に必要な要素技術の検証を行った。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事