シナネンHD、バイオエタノール生産につながる実証

  • 印刷
  • 共有
(出所:シナネンホールティングス)
(出所:シナネンホールティングス)

シナネンホールディングス(東京都港区)は9月26日、子会社のシナネンファシリティーズ(埼玉県桶川市)が取り組む「亜臨界水処理技術」による実証実験が、滋賀県の2022年度「水草等対策技術開発支援事業」に採択されたと発表した。

シナネンファシリティーズは今後、水草を亜臨界水で処理することにより、セルロース分を抽出する実証を行う。事業期間は2023年2月28日まで。

実証実験の詳細は以下のとおり。

バイオエタノール生成、将来的にSAFへの活用も

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報