アスエネ、CO2見える化サービスで「ベンチマーク分析」機能を提供

  • 印刷
  • 共有
ベンチマーク分析イメージ(出所:アスエネ)
ベンチマーク分析イメージ(出所:アスエネ)

アスエネ(東京都港区)は11月30日、同社の運営するCO2排出量見える化・削減・報告クラウドサービス「アスゼロ」において「ベンチマーク分析オプション」機能をリリースしたと発表した。

CDP開示情報に基づく6,000近く(104カ国、60セクター)の組織のScope1-3のCO2排出量データによる、世界最大級の比較モジュールを導入。業界内の自社のポジショニングや他社比較を見える化し、分析時の手間や工数を削減する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事