大林組、道路インフラ4技術実証 走行中EVへの給電等

  • 印刷
  • 共有
次世代道路・モビリティインフラ「e-MoRoad」イメージ(出所:大林組)
次世代道路・モビリティインフラ「e-MoRoad」イメージ(出所:大林組)

大林組(東京都港区)は9月26日、道路・モビリティインフラ「e-MoRoad(イーモロード)」実現に向けた実証実験を開始したと発表した。建設業界の枠を超えた多様なパートナーと協業し、大林組技術研究所(東京都清瀬市)で実施する。

この取り組みでは、主に以下4つの技術に関する実証を行う。

  • 走行中の電気自動車に非接触給電する道路舗装技術
  • 道路に電力・情報ネットワーク網を構築する技術
  • 自動運転を支援する道路インフラ技術
  • MaaS(Mobility as a Service)システムを運用する技術

4つの技術を実証

各技術の実証の概要は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報