【北米】セメント大手、トラック輸送の環境負荷低減

  • 印刷
  • 共有

セメント大手のセメックス(メキシコ・モントレー)は道路輸送にかかるCO2排出量削減ための取り組みとして、200台のディーゼルエンジントラックを天然ガスを動力とするトラックに置き換えると発表した。これによりCO2排出量が25%削減できるという。「ネットゼロ輸送」としていくつかの地域で試験的に行われる。

この取り組みは、2050年までにCO2排出量ゼロを達成することを目指す同社の旗艦プログラム「Future in Action」の一環。同社は天然ガスを動力源とするトラックは、CO2排出量の即時削減を可能にする移行技術だとし、200 台の新車は、主に圧縮天然ガス (CNG) または再生可能天然ガス (RNG) を動力源とするコンクリートミキサートラックで構成される。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報