NTTアノードエナジーらと北杜市、脱炭素実現へ連携協定

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

NTTアノードエナジー(東京都港区)、山梨県北杜市、NTT東日本山梨支店の3者は、11月28日、カーボンニュートラルに関する連携協定を締結した。「北杜市ゼロカーボンシティ宣言」による2050年カーボンニュートラル、脱炭素の実現に向けたまちづくり、持続可能な社会構築推進に向けて、連携して取り組みを進める。

3者は協定に基づき、(1)脱炭素に向かう地域特性等に応じた先行的な施策の検討・実施、(2)脱炭素の達成による持続可能な地方循環型社会の実現ーの主に2点に取り組む。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事