東証でカーボン・クレジット市場の実証開始 初日627t・170万円売買

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

経済産業省は9月22日、企業がCO2排出量を取引する「カーボン・クレジット市場」の創設に向けて、東京証券取引所において、J-クレジットの取引実証を開始したと発表した。事業の委託先である東京証券取引所は、実証開始日の取引状況について、4銘柄で合計627トン-CO2の取引が成立したと報告した。

再生可能エネルギーによるJ-クレジットが1トン当たり3300円、省エネルギーによるJ-クレジットが1トン当たり1,600円などで取引された。同日の取引額は約170万円となった。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報