【米国】コミュニティソーラー開発、デラウェア州で事業拡大

  • 印刷
  • 共有

「コミュニティソーラー」の開発に注力するターニングポイントエナジー(米)は8月2日、デラウェア州での事業拡大を発表した。すでに現地で総額1億ドルを超える12のプロジェクトを進めており、同社はこれらのプロジェクトをサポートするための法律の整備や許認可、エンジニアリング、建設、および関連する活動について、デラウェア州の地元企業への協力と投資を行うとともに、運用などにおける継続的な雇用を創出するという。

コミュニティソーラーは、所有地に太陽光発電装置を設置できない、または設置したくない住民や企業が、地域に設置される「コミュニティソーラー」プロジェクトに加入することで、月々の光熱費を削減することで、太陽光エネルギーの恩恵を受けることができる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報