ホンダとGSユアサ、EV用電池の開発・製品化で協業 合弁会社設立へ

  • 印刷
  • 共有

本田技研工業(東京都港区)とGSユアサ(京都府京都市)は1月23日、電気自動車(EV)搭載用を中心とした高容量・高出力なリチウムイオン電池の開発・製品化に向けて、2023年中の合弁会社設立を目指し、具体的な協議を開始すると発表した。

合弁会社では、急速に拡大する電池需要に対応するため、グローバル市場において高い競争力を持つリチウムイオン電池とその製造方法を研究開発すること、さらに主要原材料のサプライチェーンや効率的な生産システムを構築することを目指す。今回、協業に向けた合意に至り、基本合意を締結した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報