パナソニックとゼンリン、EVを活用したエネマネ共同開発へ 需要マップ提供

  • 印刷
  • 共有
EVチャージ需要マップ(出所:パナソニック ホールディングス)
EVチャージ需要マップ(出所:パナソニック ホールディングス)

パナソニック ホールディングス(大阪府門真市)とゼンリン(福岡県北九州市)は9月8日、電気自動車(EV)を分散型エネルギーリソースとして活用するエネルギーマネジメント機能の構築に向けた共同開発に着手したと発表した。

第一弾として「EVチャージ需要マップ」の提供を開始

蓄電池を搭載するEVは、一定規模で有効に制御等を行うことで、調整力としての需給バランスの確保に貢献するなど、分散型エネルギーのひとつとして期待されている。EVを最大限活用するには、人口動態・交通動態等の地域差をきめ細かく把握し、充電インフラを整備するとともに、充電タイミングの分散や不足電力を一時的にEVから供給するなど電力需給のコントロールが必要となる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事