農水省、農産物の脱炭素「見える化」 算定シート作成

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

農林水産省は9月12日、フードサプライチェーンにおける脱炭素化を推進するため、農産物の生産段階における温室効果ガス(GHG)を算定できる「温室効果ガス簡易算定シート」(試行版)を作成し公表した。

2022年度以降、このツールを活用し、化石燃料や化学肥料の使用削減等、GHG削減に資する生産現場の努力の「見える化」を進めていく。現在の対象品目は、米、トマト(露地と施設)、キュウリ(露地と施設)の3品目。今後、対象品目を拡大していく予定。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報