環境用語集 GHG

GHGとは

温室効果ガス、Greenhouse Gasの略称。太陽光で暖まった地表面からの放射熱(赤外線)を宇宙へ逃がさず、大気中に吸収する性質を持つガスのこと。

京都議定書で排出削減の対象となっているのは、以下の通り。

二酸化炭素(CO₂)、メタン(CH₄)、一酸化二窒素(N₂O)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、六フッ化硫黄(SF₆)。2013年の第二約束期間から、三フッ化窒素(NF₃)も加わり計7種となった。

GHGを多く排出する企業(特定排出者)に、自らの排出量を算定し国に報告することを義務付ける日本の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度(SHK制度)」では、GHGは「エネルギー起源CO₂(エネ起CO₂)」と「6.5ガス(非エネルギー起源CO₂、CH₄、N₂O、HFC、PFC、SF₆、NF₃)」に区分されている。

なお温室効果の程度をCO2を基準に比較・換算したのが、地球温暖化係数(GWP)である。

環境用語集TOPへ

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報