> > サプライチェーン排出量

環境用語集

サプライチェーン排出量【さぷらいちぇーんはいしゅつりょう】

サプライチェーンとは、原料調達・製造・物流・販売・廃棄、また資本財・出張・通勤などの事業者の組織活動全体を示すもの。そこから発生する、温室効果ガス(GHG)排出量をサプライチェーン排出量という。

Scopeとその区分とは?

Scopeは温室効果ガス(GHG)算定の範囲で、サプライチェーン排出量を評価する基準。サプライチェーン排出量は、Scope1、Scope2、Scope3の合計量。 

Scope1は事業者自らによる直接排出、Scope2は他社から供給された電気・熱・蒸気の使用に伴う間接排出、Scope3はその他間接排出のことをいう。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.