伊藤忠、セルビア廃棄物発電事業でカーボンクレジット認証取得

  • 印刷
  • 共有
建設中(一部サービス開始中)のヴィンチャリソースリカバリーセンター(出所:伊藤忠商事)
建設中(一部サービス開始中)のヴィンチャリソースリカバリーセンター(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)は11月8日、同社が出資するベオグラード廃棄物処理・発電PPPプロジェクト事業運営会社のBEO ČISTA ENERGIJA.社(BCE/セルビアベオグラード)が、スイスの国際認証機関であるゴールドスタンダードから同事業の温室効果ガス(GHG)削減に対するカーボンクレジットの認証を取得したと発表した。

BCEは伊藤忠商事と、水・環境インフラ大手のヴェオリア社(仏)、再生可能エネルギー分野に実績を持つ欧州の投資ファンドであるマルガリータファンド社(ルクセンブルグ)と合弁で設立した。出資比率は、伊藤忠商事:40%、ヴェオリア社:40%、マルガリータファンド:20%。同認証は廃棄物処理発電事業を含む事業として初めてとなるクレジット認証で、セルビア共和国においても初のケースだという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報