北海道で、国内最大規模・年間1万tのグリーン水素製造へ 出光ら3社

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

出光興産(東京都千代田区)、ENEOS(同)、北海道電力(北海道札幌市)は2月20日、苫小牧西部エリアで、国内最大規模となるグリーン水素サプライチェーン構築に向けた検討を開始すると発表した。2030年頃までに、国内最大となる約1万トン/年以上のグリーン水素を製造できる100MWクラスの水電解プラントを建設し、再エネを活用して製造したグリーン水素を、出光興産および地域の工場などにパイプラインで供給する。

水電解プラントを調整力とし、余剰電力を有効活用

北海道は、洋上風力など再エネのポテンシャルが高い一方で、電力需要が比較的小規模であることや本州との電力融通量の制限から、余剰電力の有効活用や再エネ電源の出力変動に対応するための調整力確保などが課題となっている。

3社は今後、水電解プラントを調整力として活用することで、将来的な余剰電力の有効活用や電力市場への調整力供出をカバーし、さらなる再エネの導入・拡大を図る。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事