ジンコソーラー、千葉市SC供給向けに太陽光パネル提供 CO2年間3135t減

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

ジンコソーラー(中国・上海)は2月26日、オフサイト型PPAを締結した千葉市「プレナ幕張」のプロジェクトに対し、太陽光パネルを供給したと発表した。

年間3135トンのCO2削減

同プロジェクトでは、栃木県小山市・上三川町にある2カ所の太陽光発電所を活用する。総出力は約1.5MW。発電した追加性のある再エネ電力および環境価値により、プレナ幕張で使用する電力の約26.2%が賄える見込みだ。なお、この取り組みにより、年間3135トンのCO2削減効果が期待される。稼働開始は2025年3月。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事