富士製薬、太陽光オフサイトPPAで再エネ調達 北陸電力と

  • 印刷
  • 共有
オフサイトPPAによる電力供給のイメージ(出所:富士製薬工業)
オフサイトPPAによる電力供給のイメージ(出所:富士製薬工業)

富士製薬工業(東京都千代田区)と北陸電力(富山県富山市)は11月16日、富士製薬工業 富山工場(同)にオフサイトPPAによる再エネ電力供給を行うと発表した。北陸電力グループの北電BEST(同)が、福井県坂井市に新たに太陽光発電設備(パネル容量:720kW)を設置・所有し、発電した電力を北陸電力が同工場に供給する。2024年春の電力供給開始を目指す。

契約期間は20年間。12月に着工する。稼働開始後、富士製薬工業は使用電力の一部を再生可能エネルギーに置き換えることで、CO2排出量を年間375トン-CO2削減できる見込み。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報