大阪ガスとウエストHD、蓄電池分野で新事業検討 系統用・再エネ併設型

  • 印刷
  • 共有
蓄電池運用の一般的なイメージ(出所:大阪ガス)
蓄電池運用の一般的なイメージ(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)とウエストホールディングス(ウエストHD/広島県広島市)は11月21日、業務提携を拡大し、蓄電池分野における新規事業の共同検討を開始すると発表した。蓄電池ビジネスの検討を加速させるため、系統用蓄電池、再エネ併設型蓄電池事業の共同検討について合意した。

これは両社が2022年4月に締結した資本業務提携の取り組みの一環として実施する。ウエストHDが太陽光開発のプラットフォームを活かして蓄電設備を設置し、大阪ガスが蓄電設備を複数の電力市場で取引する運用を行い、電力系統の安定化に貢献することを目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報