【米国】ESS、「鉄フロー電池」を蘭スキポール空港に納品 ゼロエミに貢献

  • 印刷
  • 共有
(出所:ESS)
(出所:ESS)

商業用および公益事業用の長時間エネルギー貯蔵システムの大手、米ESSは1月19日、オランダ・アムステルダムのスキポール空港に、同社の蓄電池「鉄フロー電池」を納品することを発表した。

鉄フロー電池はエネルギー貯蔵ソリューションとして、ディーゼル発電機廃止のため試験的に使用される。スキポール空港は2030 年に廃棄物・炭素排出ゼロになることを目標としており、蓄電池の納品は2023年第1四半期中に行われる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報