豊田通商、外航船舶向けにバイオ燃料を供給 CO2約20%削減

  • 印刷
  • 共有
バイオ燃料の補給を受けるドリームジャスミン号(出所:豊田通商)
バイオ燃料の補給を受けるドリームジャスミン号(出所:豊田通商)

豊田通商(愛知県名古屋市)は11月29日、グループ会社の豊田通商マリンフューエル(東京都港区)を通じて、外航船舶向けにバイオ燃料を供給したと発表した。豊田通商が同社向け外航船舶にバイオ燃料を供給するのは、今回が初めて。

トヨタ社員食堂などの廃油を活用

バイオ燃料が供給されたのは、トヨフジ海運(愛知県東海市)が運行する「DREAM JASMINE(ドリームジャスミン)」号。10月27日にはバイオ燃料による試験運航を実施した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事