みん電・東京ガスなど9社、VPP構築実証 家庭用蓄電池活用

  • 印刷
  • 共有

UPDATER(東京都世田谷区)、東京ガス(同・港区)、ニチコン(京都府京都市)など9社は10月28日、家庭の蓄電池を活用して電力の需給ひっ迫回避・調達コスト低減を目指す、「バーチャルパワープラント」(VPP)構築実証を開始すると発表した。

家庭用エネルギーリソースによるVPP(調整力約2,200kW規模)としては日本最大規模となる。早ければ2023年度中の商用化を目指す。実証期間は12月から2023年1月まで。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報