エクソル、太陽電池の「耐雪アタッチメント」発売 多雪地域にも対応

  • 印刷
  • 共有
耐雪アタッチメント(出所:エクソル)
耐雪アタッチメント(出所:エクソル)

エクソル(京都府京都市)は3月15日、積雪による荷重で太陽電池モジュールが損壊する事故を防止する「耐雪アタッチメント」(特許出願中)の販売を開始した。同製品を使用することで、従来の方法では太陽光発電システムを設置できなかった多雪地域のうち、88%をカバーできるようになったという。

雪の重みを分散することで太陽電池モジュールの変形を軽減し、破損を防ぐ(出所:エクソル)
雪の重みを分散することで太陽電池モジュールの変形を軽減し、破損を防ぐ(出所:エクソル)

同製品は、太陽電池モジュールと屋根との間に「耐雪アタッチメント」を配置し、支持点を増やすことで雪の重みを分散する。積雪荷重による太陽電池モジュールの変形を軽減し、破損を防ぐ。太陽光発電システムを設置する際にオプションで追加設置する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事