リコー、ペロブスカイト太陽電池の実証開始 屋外庭園灯の電力に使用

  • 印刷
  • 共有
(出所:リコー)
(出所:リコー)

リコー(東京都大田区)とリコージャパン(同・港区)は2月1日、馬込第三小学校(同・大田区)・厚木市役所本庁舎(神奈川県厚木市)で、ペロブスカイト太陽電池の実証実験を開始すると発表した。屋外設置の街灯に同太陽電池を搭載し、発電量や電池の耐久性を検証する。実証期間は2024年1月31日から2025年2月28日まで(馬込第三小:2024年1月31日~2025年1月30日まで、厚木市本庁舎:2024年3月1日~2025年2月28日)。

6社連携によるペロブスカイト太陽電池の検証

実証では、小型の庭園灯に同太陽電池とセンサーを搭載し、温度・湿度・照度などさまざまな条件下で、同太陽電池の発電量や耐久性などの特性データを収集するとともに、発電した電気を用いて点灯し、夕方から夜間までの街灯として活用する。

実証には、リコー2社のほか、因幡電機製作所(東京都千代田区)、立花電子ソリューションズ(同・港区)、竹中製作所(大阪府大阪市)、大阪エヌデーエス(同)が参画する。各社の役割は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事