再充電可能な「サイボーグ昆虫」開発 理研ら

  • 印刷
  • 共有
サイボーグ昆虫(出所:理化学研究所)
サイボーグ昆虫(出所:理化学研究所)

理化学研究所、早稲田大学大学院創造理工学研究科、およびシンガポール南洋理工大学らの共同研究グループは9月5日、光エネルギーで再充電可能なサイボーグ昆虫を開発したと発表した。

「飛び石構造」で電池を固定、再充電と無線通信が可能に

今回、共同研究グループは厚さ4マイクロメートル(μm、1μmは1,000分の1mm)の柔軟な超薄型有機太陽電池を、昆虫の腹部背側に貼り付け、再充電と無線通信できるサイボーグ昆虫を実現した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報