伊藤忠ら、バッテリー交換式小型EVトラックの配送実証開始

  • 印刷
  • 共有
バッテリー交換式小型EVトラックと太陽光発電パネル(出所:伊藤忠商事)
バッテリー交換式小型EVトラックと太陽光発電パネル(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)は11月から、バッテリー交換式小型EVトラックを使用した、ファミリーマート(同)店舗向けの配送実証を開始した。バッテリーパックを約3分で交換可能で、充電時間が制約とならずに配送に使用できる。軽油使用の内燃車比較で1台当たりのCO2削減量は年間6.1トンになる見込み。実証期間は2024年度末まで。

また、バッテリー交換ステーションの屋根に設置した太陽光発電パネル(約2.8kW)を使用し、再生可能エネルギーとの連系についても検証を行う予定。なお、実証には、環境省事業において共同実施企業4社と開発した、同トラック、トラックに搭載するバッテリーパック、バッテリー交換ステーションを使用する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報