イオンモール、太陽光約740施設・65MW規模の調達開始 自己託送で

  • 印刷
  • 共有
(出所:エコスタイル)
(出所:エコスタイル)

エコスタイル(大阪府大阪市)は12月8日、イオンモール(千葉県千葉市)が実施する「まちの発電所」向けに開発してきた、低圧太陽光発電所約740施設(合計約65MW規模)の開発がすべて完了したと発表した。

イオンモールの「まちの発電所」とは、全国のイオンモール(約30施設)から、東北・東京・中部・関西・中国・四国の6電力エリアを対象に、太陽光発電を電源とする自己託送により再エネ電力を供給するというもの。

9月から、一部の低圧太陽光発電所で稼働を開始してきたが、11月30日にすべての開発が完了し、再エネ電力の供給を全面的に開始した。

直営モールで100%地産地消の再エネへ

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事