出光ら、年100万t超のアンモニア供給体制構築へ

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

出光興産(東京都千代田区)、東ソー(同・港区)、トクヤマ(同・千代田区)、日本ゼオン(同)の4社は8月30日、2030年までに周南コンビナート(山口県周南市)において年間100万トン超のカーボンフリーアンモニア供給体制を確立することを目指すと発表した。出光興産徳山事業所の貯蔵施設を同コンビナートにおけるアンモニアの共通供給拠点として整備し、周南コンビナート各社(需要側)へのアンモニア供給インフラ検討を行う。

今後、4社は同事業をベースに実装置でのアンモニア燃焼実証等の様々な取り組みを通し、周南地区における国内初のアンモニアサプライチェーンの構築を推進する構えだ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報