ミダック、産廃施設でCCS 焼却CO2を処分場に貯留

  • 印刷
  • 共有

ミダック(静岡県浜松市)は8月9日、産業廃棄物の焼却施設から放出されるCO2を最終処分場に貯留する、焼却由来CO2のCCSに取り組むと発表した。早稲田大学地盤工学研究室(小峯秀雄教授)との共同研究により、焼却施設等から副産物として排出される「ばいじん」等で製造する機能性覆土や廃棄物にCO2を固定し、最終処分場に貯留する技術の開発を進める。

日本における廃棄物分野の温室効果ガス(GHG)排出量は3,782万トン(CO2換算/2018年度)と見込まれており、焼却由来が約8割を占める。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報