太平洋セメント、「カーボンニュートラル技術開発部」を常設化

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

太平洋セメント(東京都文京区)は、革新的技術の開発と実用化に向けた体制強化として、4月1日付で「カーボンニュートラル技術開発プロジェクトチーム」を「カーボンニュートラル技術開発部」と名称変更し、常設の組織とする。

現在は「CNモデル工場」の実現に向けた取り組みを推進

プロジェクトチームは、これまでGHG排出削減に関する長期ビジョンの下、具体的な施策を推進してきた。今後は同開発部が脱炭素化に向けた取り組み全般を担う。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事