三菱重工、台湾の工場向けH-25形ガスタービン受注

  • 印刷
  • 共有
H-25コージェネレーションプラント(出所:三菱重工業)
H-25コージェネレーションプラント(出所:三菱重工業)

三菱重工業(東京都千代田区)は10月5日、台湾の長春人造樹脂(台北市)向けに、H-25形ガスタービン1台を受注したと発表した。長春人造樹脂の大発工場(高雄市)で、新たな高効率の天然ガス焚きコージェネレーション(熱電併給)設備を担う中核機器となる。

出力は約3万kWで、2023年冬頃の運転開始を予定しており、大発工場に電力と製造プロセス用蒸気を供給する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報