第二電力、エフプラスに太陽光PPA追加導入決定

  • 印刷
  • 共有
屋根にPPAモデルの追加導入を決定したエフプラス新工場(出所:第二電力)
屋根にPPAモデルの追加導入を決定したエフプラス新工場(出所:第二電力)

第二電力(大阪府大阪市)は9月20日、精密プラスチック部品の成形加工・組立を行うエフプラス(長野県下伊那郡松川町)が建設した新工場の屋根に、PPA(電力購入契約)モデルによる自家消費型太陽光発電設備を導入することを明らかにした。同社によるエフプラスへの自家消費型PPAの導入は今回が2例目。

第二電力は2020年、エフプラスに自家消費型PPAモデルの太陽光発電を導入し、2021年2月から稼働を開始した。PPAモデルは、電力会社から購入するよりも安価に電気を利用できるという特徴がある。エフプラスでは稼働開始から2022年8月までに、通算で約70万円のコスト削減を実現できたという(第二電力試算)。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報