豊田通商、ケニアのEVバス事業者に約1.5億円出資

  • 印刷
  • 共有
BasiGo社の電動バス(出所:豊田通商)
BasiGo社の電動バス(出所:豊田通商)

豊田通商(愛知県名古屋市)は11月15日、ケニアでEVバス事業を展開するBasiGo社に100万ドル(約1.5億円)出資すると発表した。

豊田通商はこれまでも、電動バイク事業を展開するZembo社や、バッテリー事業を展開するAceleron社などへ出資してきた。今回、BasiGo社への出資を通じて、電動バス事業に参入することで、アフリカ域内の自動車事業ネットワークを中心に、電動モビリティの事業拡大を加速させていく。

アフリカのバス市場の課題

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報