CCCと北陸電力、敦賀市で卒FIT電力活用 スマートエリア実現へ実証も

  • 印刷
  • 共有
(出所:CCCマーケティング)
(出所:CCCマーケティング)

福井県敦賀市、CCCマーケティング(東京都渋谷区)、北陸電力(富山県富山市)の3者は7月1日、同市内の固定価格買取制度に基づく買取期間満了後の電力(卒FIT電力)を活用し、市内公共施設等へ再エネ電力を供給する「地域エネルギーの地産地消」の取り組みを開始した。また、全国初の試みとして、将来的なスマートエリア等の実現に向け、市民の余剰電力と購買データの分析・実証にも取り組む。

具体的には、この取り組みに賛同する卒FIT電力を保有する市民の余剰電力を、北陸電力が買い取り、公共施設等へ供給する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報