沖縄電力・川重ら、沖縄で「クリーン燃料アンモニア地産地消」の導入調査

  • 印刷
  • 共有
調査の全体像(出所:沖縄電力)
調査の全体像(出所:沖縄電力)

沖縄電力(沖縄県浦添市)、つばめ BHB(東京都中央区)、川崎重工業(同・港区)は6月21日、沖縄において、再エネ由来電力などを活用したアンモニア製造(地産)で再エネ利用に貢献しつつ、石炭火力発電所でアンモニアを混焼(地消)する、クリーン燃料アンモニア地産地消の実現可能性・事業採算性の調査を行うと発表した。

内閣府沖縄総合事務局が公募する「令和4年度沖縄型ク リーンエネルギー導入促進調査事業」に応募し、「沖縄地域におけるクリーン燃料アンモニア地産地消に関する調査事業」が採択され、実施する。

製造、混焼など主に3点の調査を実施

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報