アサヒビール、国内2工場に太陽光PPA導入

  • 印刷
  • 共有
アサヒビール茨城工場(出所:アサヒグループジャパン)
アサヒビール茨城工場(出所:アサヒグループジャパン)

アサヒグループジャパン(東京都墨田区)は11月30日、アサヒビール茨城工場(茨城県守谷市)と吹田工場(大阪府吹田市)の2工場に、PPAモデルによる太陽光発電設備を導入したと発表した。今回の導入により、アサヒビールの全工場における再エネ使用率は約38%となった。

パネル容量は2工場合計約4MW

今回、茨城工場に設置された太陽光パネルの容量は2651kW(4820枚)、発電量は3041MWh/年の見込み。吹田工場のパネル容量は約1315kW(2410枚)、発電量は1638MWh/年の見込み。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事