環境省、プラ代替・リサイクル実証事業にGSIクレオス等3件を採択

  • 印刷
  • 共有
環境省
環境省

環境省は11月7日、2022年度「脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業」2次募集の結果を発表し、代替事業2件、リサイクル事業1件を選定したと発表した。

代替事業では、GSIクレオスの「生分解性を有するバイオマス複合プラスチック製ルアー開発」などが選ばれた。

海水・淡水中で生分解できるルアー開発などの新技術

同事業は、化石資源由来プラスチックの代替素材開発や、プラスチックのリサイクル技術・システム高度化など、技術的課題を解決し事業化に向けて必要な実証を行うもの。今回選出された事業の概要は以下のとおり。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報