ガス・水素生産性向上で新技術 処理効率は50倍に JOGMEC

  • 印刷
  • 共有
水素製造の構成図(出所:JOGMEC)
水素製造の構成図(出所:JOGMEC)

JOGMEC(本部:東京都港区)は10月31日、CO2を有効利用することで、ガス・水素の生産性を向上させる新技術を開発し、特許を取得したと発表した。

所要時間は1/50に短縮

都市ガスや、LPGから水素を製造する場合、硫黄化合物・メタノール・水などの不純物を取り除く必要があり、除去にはゼオライトなどの吸着材が使用される。吸着材は可燃性ガスも同時に吸着してしまうため、安全に作業するために可燃性ガスを除去する作業が必要となる。これまでは窒素ガスを用いていたが、今回CO2を用いることで、所用時間の短縮が実現した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報