SMBCとMS&AD、自然資本・気候変動分野で業務提携

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ/東京都千代田区)と、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス(MS&ADグループ/同・中央区)は11月29日、自然資本・気候変動分野で業務提携すると発表した。第一弾として、自然資本分野におけるリスク評価とソリューションの開発・提供を目指し協働する。今後気候変動分野でもソリューションの共同開発等を検討する。

自然資本分野で3つの取り組み

自然資本分野における提携では、主に(1)「ネイチャーポジティブコンソーシアム(仮称)」の設立、(2)TNFD(自然関連財務情報開示タスクフォース)のパイロットプログラムへの共同参画、(3)自然資本をテーマにした顧客向け勉強会の実施ーの3点に取り組む。各取り組みの内容は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報