武蔵精密工業、再エネのマネジメントサービス開発へ

  • 印刷
  • 共有
グリーンエネルギーマネジメントクラウドサービス(出所:武蔵精密工業)
グリーンエネルギーマネジメントクラウドサービス(出所:武蔵精密工業)

武蔵精密工業(愛知県豊橋市)は9月6日、福島県楢葉町の協力による「グリーンエネルギーマネジメントクラウド」の実用化開発に向け、福島県の2022年度「地域復興実用化開発等促進事業 補助事業」に採択されたと発表した。今後、楢葉町、楢葉新電力合同会社の協力を得ながら、グリーンエネルギーをマネジメントするデジタルクラウドサービスの開発を行う。

同社は、研究開発を進める「グリーンエネルギーマネジメントクラウドサービス」 の製品化実証開発として、浜通り地域等の早期産業復興の実現を目指した「福島イノベーション・コースト構想」の重点分野を支援している補助事業に参加。自社製のリチウムイオンキャパシタ(LIC)、蓄電システムFEMSに加え、デジタルサービスを提供することで、福島浜通りエリアの復興、カーボンニュートラル推進への貢献を目指すとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報