EV使用済み電池活用、無停電電源装置を発売へ 岩崎電気・4Rエナジーら

  • 印刷
  • 共有
環境対応形UPS外観(出所:岩崎電気)
環境対応形UPS外観(出所:岩崎電気)

岩崎電気(東京都中央区)、三ッ輪ビジネスソリューションズ(MBS/同・新宿区)、フォーアールエナジー(神奈川県横浜市)の3社は6月23日、電気自動車(EV)の使用済み電池リユース事業の拡充に取り組むと発表した。第一弾として、7月1日、岩崎電気とMBSが共同開発した、「環境対応形無停電電源装置」をリリースする。

同無停電電源装置(UPS)は、停電などによって電力が断たれた場合でも電力を供給し続ける電源装置だ。7月に発売する環境対応形UPSは、フォーアールエナジーがリユースするEV車の使用済みバッテリーを採用。従来形のUPS製造時と比較して、CO2排出量を年間約315トン削減できる見込み(初年度販売目標500台/年換算)。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報