【韓国】国内最大、商用車向け水素ステーション開設

  • 印刷
  • 共有

韓国政府環境部(ME)は11月14日、全州市に国内最大規模の水素燃料ステーションを開設したと発表した。同ステーションは商用車を対象としている。バス3台に同時に充填でき、1日18時間の営業時間で200台のバスが給油可能な計算だという。

同施設は、全州市の200台以上を収容するバス車庫に設置され、全州市のバス燃料の切り替えに貢献すると期待されている。2022年12月の稼働開始を予定している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報